読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライ麦畑のキャッチャー、ただそういうものになりたい。

働くために生きるくらいなら死んでやる

今週のお題

今週のお題「卒業」

 

 

卒業.今まさにお酒を飲みながら一人思いを馳せていた出来事だ.

僕が大学院を卒業したのは約2年前.

大学は院があったからなかったようなもの*1

高校は8年前.中学はリアルエスカレーターだったから終業式くらいのノリ.

小学校は興味なし.

 

僕の中で印象に残っている卒業式は幼稚園,高校,大学だ.

幼稚園は何故覚えてるのかわからないけども.ただ,好きな子がいたなーくらい.すごく好きだった.高校まで好きだったもの.

 

 

卒業とは人生の次のステージへのステップなんだと思う.並べて希望に満ちている.次のステージは希望に満ちているべきである.希望があるから人は生きていける.僕はそう思う.

 

 

人生の「次のステージ」ってどのくらいあるんだろう?小学校中学校高校大学就職…では次は?

僕は今その壁にぶち当たっている.就職して,今後人生のターニングポイントはいつ訪れるのか.

きっと結婚しなければ訪れないターニングポイント.

 

変化のなさすぎる人生に面白さなんてないだろう.希望のない人生を送る意味なんてきっと無い.

 

何故人は生き続けるのだろうか?何故死ぬのが怖いのだろうか?

*1:実際に卒業式不参加,面倒だったから